あいつの管下代理店になるくらいなら…


大きな変化のうねりの中、損害保険、生命保険代理店を経営するあなたにとって厳しい環境にあることは既に承知のことです。

過去のやり方・考えは通用しない時代にあります。

中でも、個人商店的経営をやってきたあなたにとって、「今後どうするか」の試練に立ち向かわなければなりません。

保険会社や有力代理店との「おんぶにだっこ」の時代ではないということです。

あなたは経営者として 自身の仕事に誇りと責任を持たなくてはなりません。

当チームには 一人親方から脱却し、事業経営に至るまでのノウハウがあります。

そして、代理店業を事業化していくそのためのアドバイスと思って聞いて下さい。

今、最も重要なことは、保険代理店としての存在価値を創り上げ、高めていき、その価値をお客様へどのように提供していくかではないでしょうか?

言うなれば、自分自身の意識と行動の変革です。

この変革こそが、これからの時代の「成功」を導き出すためのキーに他なりません。

保険代理店にとっての“価値”とは?

あなたのもっている価値やサービスは何ですか?特に他の代理店と差別化できる強みは何ですか?

これは次のように整理してみると良いでしょう。

1.代理店として当然提供しなければならない基本的な価値、サービス(基本業務サービス)

2.基本的な価値やサービスに付加して提供できる付加価値サービス

3.これだけは、自社(店)しかできないと言える差別化サービス(USP

この“価値”とは、扱う商品・サービスの『本質』と言っていいでしょう。

言い換えるなら『付加価値』です。

その価値やサービスは、誰が、どのような手順でお客様に提供していくのかの仕組みをつくることです。

これは必ず「行動」として明確化し、実践していかなければなりません。


ご質問等は お問合せフォームよりお願いいたします。

 ⇒ お問合せフォーム

LINEでのお問い合わせは ID apamankeiei